Entropy - Introduction to Information Theory
情報量 - 情報理論への招待

書籍情報

Java algorithm 山本宙著,「情報量 ー情報理論への招待ー」,コロナ社, ISBN978-4-339-02890-4 (2019年3月)

内容紹介

ナビゲーションやコニュニケーションツールなど, 常時インターネットに接続されている機器を前提とした サービスが日々新しく開発され,どんどん便利に,快適に なっています.これを支えているのが情報通信技術です. なかでもデジタル通信の高速化,高信頼化がブレイクスルーの 鍵となったのですが,これは1940年代にはじまる情報理論 という学問が基礎になっています. 情報理論には情報を失わずにどこまでデータのサイズを小さく できるかを明らかにした「情報源符号化定理」と, 通信時にどの程度の冗長性をもたせておけばエラーを回復 できるのかを明らかにした「通信路符号化定理」という2つの重要な 定理があります. 本書はこのうち「情報源符号化定理」を平易に解説することに特化した 教科書です.結果として「情報量」の概念を理解するための教科書と なっています.

「平易な」教科書といっても,

というアプローチが考えられます.本書では後者の立場をとりました. 情報理論の教科書としては本書は学べる項目数こそ少ないのですが,  証明技法を学ぶことを重視しているため,本書を理解した後, より一般的な情報理論の専門書を学習するときの 助けになることを期待しています.

正誤表


Updated on January 12, 2021, Yamamoto Hiroshi